アレルギー性鼻炎の対処
花粉症の症状を緩和するならザイザル! > ザイザル服用の注意点、アナフィキラシー症状

ザイザル服用の注意点、アナフィキラシー症状

ザイザルはアレグラと同様に最も日本の臨床現場で使用されている抗アレルギー薬の1つです。
ザイザルの有効成分レボセチリジンはジルテックの有効成分セチリジン(ラセミ体)のR体のことです。
セチリジンは鏡像異性体のR体が主に抗アレルギー薬としての薬効を発揮することが分かったため、より少量の服用で強力な作用が発揮できるように開発されました。

ところでザイザル服用の注意点に関してですが、ザイザルは基本的には副作用の出にくい安全な薬です。
発現しやすい副作用も眠気、ふらつき、集中力の低下、口渇など重篤なものではありません。
しかし中には重篤な副作用を発現してしまうケースもあります。
ここではザイザルの重篤な副作用の1つアナフィラキシーショックについて説明します。

アナフィラキシーショックは薬に対するアレルギー反応が過剰に出た際に起こるものです。
軽度の症状ではじんましん、顔面蒼白、脱力感が起こりますが、これが重篤になると呼吸困難、血圧低下、意識消失などが起こることがあります。
ザイザルは本来アレルギーに対して使用される薬であるため、アレルギーの一種であるアナフィラキシーショックが起こることは意外ですが、起こることはあります。
ただし添付文書上では頻度不明となっているため、そこまで多い頻度では起こりません。

もしこのアナフィラキシーショックが起こった場合の対処法ですが、じんましんの場合にはザイザル以外の抗ヒスタミン剤を服用することで症状が改善に向かいます。
ただ呼吸困難が起こると、気道を確保するためにステロイドの注射や吸入薬などを使用する必要性が出てきます。
また血圧が低下した場合には、エピネフリンを注射する必要があります。

ザイザル服用の注意点、アナフィキラシー症状を読まれたあなたにオススメの記事